<< 津プライドラウンド第4戦 秋の交通安全運動 | main | 日本トーターカップ >>

G2津モーターボート大賞 ウイナーズバトル

今節は、過去1年間の1着数が多い選手が中心に集まった「G2津モーターボート大賞 ウイナーズバトル」が行われました。

豪華メンバーによるシリーズでしたが、予選トップを勝ち取ったのは濱野谷憲吾選手でした。

 

G2津モーターボート大賞優勝戦

1 濱野谷憲吾

2 須藤博倫

3 今垣光太郎

4 西村拓也

5 高野哲史

6 海野康志郎

 

今垣選手が3カドを選択で枠なり2対4となった優勝戦は、インから.03という気合のスタートを決めた濱野谷選手が、他を寄せ付けず優勝。当地は周年V3の実績水面でしたが、さらに新たな勲章を加える結果となっています。

 

これで来年の平和島ボートレースクラシックの出場権も獲得となったわけですが、平和島が出場停止中でもPG1やSGのように施行者あっせんでなければ、出場できるのですね。自信がなかったので、レースではなくウイニングランの実況で出場権獲得のことを触れたのですが、勉強になりました。

なお、今節の総売上は目標の30億円に対し、32億9489万3900円でした。たくさんのご投票、誠にありがとうございました!


スポンサーサイト

  • 2020.03.31 Tuesday
  • -
  • 12:43
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM