<< 津グランプリファイナル戦は地元の岡祐臣選手が初栄冠! | main | ああ さくら満開 >>

新年度あけましておめでとうございます

 4月1日です。新年度です。エイプリルフールネタは特にありません。
春は出会いと別れの季節でもあります。
個人的にショックだったのは昨日付で多摩川競艇の実況担当、ゴン太アナこと糸井アナがラスト実況だったということ。

競艇場からのお知らせ

津に来る前、多摩川競艇場のある府中市民だった僕は(多摩川の最寄り駅、京王線・多磨霊園の隣、東府中に住んでました)、ホームが多摩川でしたのでゴン太さんの突然の卒業はさみしい限りです。

海野ゆかり選手が先頭なら「ハートのゆかりィ!多摩川は第17回女子王座優勝の実績!」
濱野谷憲吾選手が先頭に立てば「ケンゴスペシャルぅ!」
高沖健太選手が先頭に立てば「ケンタスペシャルぅ!」
定番の「さぁ行こう!優勝戦!」などなど名フレーズは数知れずでした。

そしてさらに「ラリーズクラブ」さんによると平和島のノッポアナこと島崎アナも先日の平和島優勝戦でラストの実況だったとのこと。
島崎アナといえば、個人的にはやはり井口選手がSG初Vとなった笹川賞優勝戦が印象に一番残っています。
直接お会いすることはありませんでしたが、お二方とも長い間お疲れ様でした。



さて津競艇も新年度をむかえて新たになることがあります。
次開催14日からの「中日スポーツ 津ボート大賞」からようやくようやく周回展示で1マークの映像が流れます。
津は今まで2マーク→バックストレッチの映像だけで1マークは流していませんでした。

売上に繋がる部分だと思いますので、この改善はよかったと思います。

ただ出走表や津競艇HPには
「※2マークのターン回り及び2周バックストレッチ直線の映像は放映されません。あしからずご了承ください。」
とあります。

まぁこれはいずれわかることなので書いちゃいますが、他場のように映像は
「2マーク→バックストレッチ→1マークVTR」という流れではありません。

1マークを映し続けます。

ライブで1周目も2周目も流れます。
他場でいうと尼崎がそうしています。
尼崎競艇さんオマージュです。
なので僕は「尼崎方式」と呼んでいます。
色々な事情でこうなりましたが、ご理解ください。

ネットに繋がればPCや携帯で誰でもレースを見ることができ、通常のG気任眛本各地のボートピアで舟券が売られる時代です。
展示航走で1マークを流すのは全国的な流れです。
出さないよりは出したほうが舟券の参考にもなると信じています。

あとはリプレイを2周2マークでブツ切りにするのはやめて欲しいのですが。


4261岡 祐臣選手(三重)が初優勝!
これからの岡選手の走りにもご期待ください。

スポンサーサイト

  • 2020.03.31 Tuesday
  • -
  • 20:04
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM