<< グランプリファイナルはファイナリストが決定 | main | 新年度あけましておめでとうございます >>

津グランプリファイナル戦は地元の岡祐臣選手が初栄冠!

 津競艇「グランプリファイナル戦 津商工会議所杯争奪 第3回津市長賞」という津で最も長いレースタイトルのシリーズもいよいよ頂上決戦。

コース取りは4号艇・原由樹夫選手が動くも人気の1号艇・白井友晴選手ががっちりインをキープ。
少し間隔があいて3コースになったのが地元2号艇・岡祐臣選手となりました。
142/356の隊形の中、トップスタートを切ったのは1号艇・白井選手と2号艇・岡選手で.19。
2コースの原選手が若干凹んだこともあり好展開となった岡祐臣選手のまくり差しが強烈に決まって、デビューから5年4ヶ月、9回目の優出で初優勝を掴みとりました。

今日は表彰式も担当でしたが、たくさんのファンの皆さんに声援をかけてもらった岡選手は本当に嬉しそうでした。
3コースからのまくり差しは前夜に中村守成選手と決めていた作戦だそうで、それが見事に的中!
先頭を走っていた時は、夢中で事故艇に気づくのも少し遅れたとのことでしたが、待望の初優勝となりました。
地元では5月にMB大賞トライアルの出走があります。
今度はぜひ初G欺仂譴寮敝笋鬚發取ってもらいたいところです。

岡選手水神祭

岡選手安田選手
(一緒に落ちたのは鼠先輩ですっかりおなじみ、安田吉宏選手)

ドボンの瞬間が撮れてないのはヘタレな限りですが、ちゃんとした写真が近い内に競艇オフィシャルWebや津競艇HPでアップされると思います。
初めてナマで水神祭を見ました。いいものですねぇ〜。

スポンサーサイト

  • 2020.03.31 Tuesday
  • -
  • 18:21
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM