スカパー!JLC杯争奪戦 津インクル開設6周年記念

9月最初の開催となった「スカパー!JLC杯争奪戦 津インクル開設6周年記念」。

 

シリーズリーダー争いは接戦を制した芝田浩治選手が、得点率トップを勝ち取りました。

迎えた優勝戦は、枠なり3対3。

センター水域の2人が好スタートを切ると、3コースから須藤博倫選手が仕掛けますが、インの芝田選手も抵抗。

見事に展開を突いてまくり差しが入った古結宏選手が、今年2回目、通算18回目の優勝を飾っています。

 

今節はJLC杯ということで、毎年恒例の冠協賛レースが実施されました。今年もたくさんのご協賛、誠にありがとうございました!


津プライドラウンド第2戦 男女W優勝戦

企画シリーズで行われている「津プライドラウンド」。第2戦の今節は男女W優勝戦が開催されました。

4日間の予選の末、男子は後藤翔之選手、女子は田口節子選手がそれぞれシリーズリーダーに輝きます。

 

まず迎えた男子の優勝戦は、インからコンマ08のトップタイのスタートを切った後藤選手がしっかり逃げて、今年2回目の優勝を飾りました。

足は初日から好気配でしたが、最終日も特にすることはなく過ごしていたそうです。

来節の地元G1・多摩川ウエイキーカップは、優勝するつもりで頑張ると、気合を表していました。

 

最終レースに組まれた女子の優勝戦も、進入から動きはなく枠なり3対3に。

スタートは全員が0台前半と写真を見た瞬間、度肝を抜かれましたが、コンマ01のスタートを切った田口選手は外の艇を意識した分、流れてしまい、一旦は2号艇・小野生奈選手の差しが入ります。

普通なら、ここで田口選手の優勝はなくなるところでしたが、2マークの好旋回から一気に小野選手へ追いつきます。

2周1Mは、田口選手の先マイに対し、小野選手が握ってきますが、それを跳ね除けた田口選手がそのまま先頭ゴール。劇的な優勝を飾りました。

 

表彰式ではドラマチックな優勝に「津の神様」のおかげとも。

これで通算50回目の優勝となった田口選手。全場の中でも最多の優勝回数(7回)を誇る好相性水面で、50回目の優勝ができたのは嬉しいです、と話してくれました。

田口選手は来月のG3津オールレディースにも出場。当然、大本命となりそうです。


中京スポーツ 三重テレビ 納涼しぶき杯争奪戦

恒例のお盆シリーズとなった「中京スポーツ 三重テレビ 納涼しぶき杯争奪戦」。

初日のドリーム戦を制した井口佳典選手が、シリーズリーダーを射止め、優勝戦は以下のメンバーで行なわれました。

 

1井口佳典

2新田雄史

3東本勝利

4松尾拓

5間嶋仁志

6高沖健太

 

1536/24となった進入からコンマ05のトップスタートを切った井口選手が、まくり差しで迫っていた新田選手を振り切り、9年ぶり3回目となる納涼しぶき杯争奪戦優勝を飾っています。

なお今節の総売上は、5億7263万3600円でした。


ミニボートピア名張2周年記念 モンスターカップ

8月最初の開催となった「ミニボートピア名張2周年記念 モンスターカップ」。

予選をオール2連対でまとめた益田啓司選手が、得点率トップでシリーズリーダーに輝きました。

 

迎えた優勝戦は、デビュー初優勝もかかる地元の石塚裕介選手が4カドからトップスタートを切り、まくって行きますが、内の作野恒選手が伸び返して抵抗。

そのまま、内側2艇をまくり切り、今年2回目の優勝を飾っています。

 

今節はモンスターカップのタイトルということもあり、モンスター・野中和夫さんが最終日に登場。

事前に行なわれた予想会では3=4の予想で、見事に優勝戦を的中されたようです。


日本モーターボート選手会会長賞

6日間シリーズで行なわれた「日本モーターボート選手会会長賞」。

初日のドリーム戦を制した地元の東本勝利選手が、予選を8戦6勝でまとめてシリーズリーダーに輝きました。

 

枠なり3対3となった優勝戦は、トップスタートから先マイを打った東本選手に対し、差した妹尾忠幸選手が迫ってきますが、何とか2マークで振り切った東本選手が今年3回目となる優勝を飾っています。

 

(ボートレース津フェイスブックより)


津プライドラウンド第1戦 めざせ全場制覇!津で初優勝!

今年度初の企画シリーズとなった津プライドラウンド。

第1戦の今節は、津初優勝を賭けた6日間シリーズの「めざせ全場制覇!津で初優勝!」でした。

 

予選では深谷知博選手がオール2連対を続けていましたが、予選最終レースで5着と崩れてしまい、同じ静岡の谷野錬志選手がシリーズリーダーを手にしました。

 

迎えた優勝戦は枠なり3対3。インから.09のトップスタートを切った谷野選手がしっかり押し切り、通算11回目にして津初優勝を飾っています。

 

今年前半は優勝するチャンスがありながらも優勝ができなかったので、後半は結果を出したいと、下半期への意気込みを語ってくれました。


日本財団会長杯争奪戦

6日間シリーズで開催された「日本財団会長杯争奪戦」。

優勝戦の日が、ちょうど津ボートレース場が開設されて65周年という日でした。

シリーズは吉川元浩選手がオール2連対で得点率トップに立ちますが、準優勝戦はまさかの3着敗退。

優勝戦の絶好枠は、得点率第2位だった柳沢一選手の手に渡ります。

 

迎えた優勝戦は枠なり3対3。

2,3コースが凹むというインコースの選手にとっては厳しいスリット体形となりましたが、インから柳沢選手がしっかり押し切り、通算42回目の優勝を飾っています。

 

 

今節は伸び型の調整を意識しながら、レースに臨んだという柳沢選手。当地では5回目の優勝ともなっています。


三重から肩こり腰痛を撲滅!まはろ骨盤整体レース!

4日間のショートシリーズで開催された「三重から肩こり腰痛を撲滅!まはろ骨盤整体レース!」。

シリーズリーダーを手にしたのは6戦5勝の地元・安達裕樹選手でした。

優勝戦も.17のトップスタートから危なげなく逃げ切り、今年2回目、通算では26回目の優勝を飾っています。

 

津では昨年2月の「波乗り王決定戦」以来の優勝となった安達選手。

地元で優勝するのは本当に嬉しいですね、と地元9回目の優勝を噛み締めている様子でした。


レディオキューブFM三重カップ

5日間シリーズで開催された「レディオキューブFM三重カップ」。

ファイナルは準優勝戦でただ一人逃げ切った鈴木裕隆選手が、デビュー初優勝を賭けて、自身初の優勝戦1号艇で臨む形になりました。

1Mは先マイの鈴木選手に対し、このFM三重カップ初代チャンプ・東本勝利選手がまくり差しで迫りますが、機力は鈴木選手が上回り2Mを先制。

そのまま他艇の追撃を振り切り、デビューから約14年、通算21回目の優出で初優勝を飾っています。

 

「もともと津は好きな水面でしたが、この優勝でもっと好きになりました。次に来た時も頑張りますので、舟券を買って応援よろしくお願いします」

デビュー初優勝、本当におめでとうございました!

 

You Tubeには表彰式のあとに行なわれた水神祭の様子もアップされています。


スポーツ報知ビクトリーカップ

6日間シリーズで開催された「スポーツ報知ビクトリーカップ」。

初日のドリーム戦を制した秋山直之選手が得点率トップに立ちますが、準優勝戦はスタートで後手を踏み、2着止まり。

優勝戦の絶好枠は、準優勝戦でただ一人逃げた柏野幸二選手の手に渡ります。

 

枠なり3対3となった優勝戦は、トップスタートを切った柏野選手が秋山直之選手の差しを許さず、2Mでも迫ってきた秋山選手をしっかり振り切って今年の初優勝を飾っています。

 

津は今年3節目の参戦となった柏野選手。過去2節は共に最終日の選抜戦1号艇で、逃げられなかっただけに、その分も今節は期するものがあったそうです。

見事に三度目の正直を果たした柏野選手、おめでとうございました!


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM